2019年7月31日

夏のごちそう「ミキプルーン、ミキプロティーン入り手延べうどん」」

1 Star いいね!71
Loading...

こんにちは! 食育です。

毎日暑いからといって、冷たいものばかり食べていませんか?

栄養の消化吸収を担う胃腸は、冷えに弱いんです(´^`;)

頑張ってバランスの良い食事をとっても胃腸の働きが悪くなると栄養をうまく吸収できないことも……。

また、そういった状態が習慣的に続くと、だるくなったり、憂鬱な気分になったり、負のスパイラルを招きやすくなります。

夏も美味しいものがいっぱいです!胃腸を元気に保ってモリモリ食べたいですね(^-^)g"

夏野菜

そこで、今回ご紹介したいのが、ちゅるちゅるなのど越しとコシのある食感がたまらない、いくらでも食べられちゃう、うどんを使ったレシピです。

使用するうどんは、ミキプルーンやミキプロティーン95を練り込んだ本格手延べうどん(▶︎詳しくはこちら)。

1200年余り前から日本で食べられてきた乾麺とミキの栄養補助食品が出会って生れた、独特の食感と豊かな風味が自慢のオリジナル商品です!

「一筋縄」の名で知られ、2008年の洞爺湖サミットや京都の有名料亭でも選ばれる「三輪山勝製麺」さんに協力してもらい、商品化しました。

使用しているのは、北海道の大地で育った小麦粉「きたほなみ」と国産の葛根から取れる希少な本葛粉。

独特のコシは麺を縄のように撚りをかける伝統の技法によるものです。クセになる〜!(ノ≧ڡ≦)

さらに、麺を伸ばす際、麺と麺がくっつかないように油ではなく本葛粉を使用し、冷風で時間をかけて乾燥させています。

この手間暇をかけた麺に、ミキプルーンやミキプロティーン95が練り込まれているわけですから、もぅホント、贅沢ですね〜(人´ω`*)♡

うどん

ということで、お待たせしましたっ。

夏野菜をいっぱい使った、『彩り野菜なぶっかけうどん』のレシピです。

出汁がしみこんだ夏野菜は消化がよくさっぱりいただけます。

うどんののど越しに加え、焼きなすのとろ〜りとした食感もたまりませんっŧ‹"ŧ‹"(●´ㅂ`●)ŧ‹"ŧ‹"

夏野菜うどん

【材料】2人分

ミキプロティーン手延べうどん(またはミキプルーン手延べうどん) 1袋

・なす 小1本

・グリーンアスパラガス 2本

・ズッキーニ 1/4本

・にんじん 2〜3cm

・パプリカ(赤) 小1/2個

・ブロッコリー 小房2個

・みょうが 1個

ミキプルーン 大さじ1★

ミキのおだし 1パック★

・しょうゆ 大さじ3

・酒 大さじ3

・みりん 大さじ1

・水 400ml

【つくりかた】

①なすは焼き網で皮が焦げるまで焼きます。水にとって皮をむき、水気を切って、縦4等分に切ります。

 火傷に気をつけてくださいね〜(`・ω・´)b

②グリーンアスパラガスは根元の皮を薄く剥き、3等分に切ります。ズッキーニとにんじんは厚さ5mmの輪切り、パプリカは乱切り、ブロッコリーは縦半分に切ります。

③②を熱湯でサッと茹で、水気をきります。

④鍋に★を入れて煮立たせ、火を止めます。熱いうちに全ての野菜を漬け、そのまま漬け汁が冷めるまでおきます。

⑤うどんは約3分茹で、冷水でしめます。

⑥皿に⑤と④の野菜、千切りにしたみょうがをのせ、残った漬け汁をかけます。

 

冷たすぎないつゆで、お腹にも優しく、かつさっぱりと食べられる一品です(*˘︶˘*).:*♡

 

投稿者:食育
1 Star いいね!71
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP