2018年11月22日

農園は秋色へ。

1 Star いいね!198
Loading...

Hi! Noen(ノーエン)デス!

朝晩がだいぶヒンヤリとしてきました。皆さん、風邪ひいていませんか?

ワタシの故郷、アメリカのミキプルーン農園も、木々の葉が黄色くチェンジして、すっかり秋の景色になってきましたヨ。夏の収穫中の騒がしさが嘘のように、静かです……。

 

autumn has come

 

この時期、プルーンの木たちは、ゆっくりお休み中です。来年の収穫に備えてますヨ。

でもスタッフたちは休みません。とってもとっても大切な、枝の剪定(せんてい)作業をするのです。これは木がすこやかに成長するために、絶対に欠かせないこと!この作業が来年、どんな実がなるのかを左右するのです。

つまり、ミキプルーンの味の決め手のひとつがこの剪定作業。ここにもミキプルーンをつくるためのプルーンをつくる基準、“ミキスタンダード”があるんです。

 

英語では、木の剪定作業のことを“pruning”(プルーニング)と言います。これはprune(プルーン)からきた言葉でしょう。プルーンから生まれた言葉があるなんて、チョットhappyネ!

夏に収穫したプルーンの実は乾燥させ、人の目でしっかりとチェックします。日本に送られるのはキビシイ基準をクリアした実だけ。

今年も素晴らしい品質のプルーンをお届けできそうです!Wonderful!

 

剪定

 

ところで、今日は11月の第4木曜日。何の日か知っていますか?

アメリカではThanksgiving Day(サンクスギビングデー)という祝日なのデス!!

ハロウィンが終わるとやってくるのが、このお祭り。日本語では“感謝祭”デス。

七面鳥の丸焼きを食べるのがお決まりで、“Turkey Day”(ターキーデー)と呼んだりも。ファミリーが集まる、大切な日のひとつ。 親と離れて暮らす子どもたちも帰ってきて、家族仲良くを楽しみます。日本のお正月に似ているでしょ?

 

感謝祭が終わると、あと1か月でみんなが大好きなクリスマス! 街にはもうツリーがあったりして、クリスマスムードが盛り上がっているらしいよ~。ワタシもウキウキ、わくわく、ソワソワ♪ 

アメリカでは、本物のモミの木を買うことも多くて、2メートルくらいの高さのツリーを自動車の屋根の上に括り付けて、自宅に持ち帰る人もいます。家族でツリーを飾りつけるのも楽しいよネ。

Mobile

寒くても心がぽかぽかなシーズンの始まり。

皆さんもLet's enjoy~★δ★δ

 

投稿者:ノーエン
1 Star いいね!198
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP