2022年4月13日

挑戦しよう!食育の日クイズ・2022

1 Star いいね!129
Loading...

こんにちは、食育です。

この時季は新生活が始まり、生活のリズムが変わったという方が多いかもしれませんね。

季節の変わり目や環境の変化は体調を崩しやすいので気をつけましょう。

そんな時に僕が大切にしているのはやっぱり食べることです!

え?いつだって食べることを大切にしているって? 

ま、まぁ、そうなんですけど……(n*´ω`*n)エヘヘ

 

さて、4月19日はミキが定めた「食育の日」です。

せっかくですから、食べるだけじゃなく、世の中の食について目を向けてみようということで、得意のクイズを出しちゃおうかな。

さっそく第1問!

日本の食料自給率(※)はどれくらいでしょうか。 ※令和元年度、カロリーベース

①38%  ②48%  ③60%

 

 

ミキの食育の日

 

 

 

正解は……   

 

 

 

食育クイズ答え

②は1990年、③は1970年の食料自給率です。年々下がっていることがよく分かりますね。

 

続きまして第2問。

朝食を全然、あるいはほとんど食べないという若者(20~39歳)はどれくらいいるでしょうか?

①0%  ②13%  ③22%

 

 

ミキの食育の日

 

 

 

 

正解は……

 

 

 

食育クイズの答え

②は全世代の朝食欠食率です。ちなみに僕は0%です!朝ごはんを食べないと、チカラが出ません(>_<)

 

では最後の問題です。

伝統的な料理や作法を受け継ぎ、伝えている人の割合は?

①13%  ②37%  ③50%

 

 

 

ミキの食育の日

 

 

 

正解は……  

 

 

 

食育クイズの答え

半数の人は何かしらの食文化を受け継ぎ、次世代に伝えているようですね。

食育や料理に関心の強いミキグループのメンバーさんはおそらくもっと高い割合になることでしょう!

 

いかがでしたか?

「食育の日」が、改めて自分を取り巻く食の環境について考えるきっかけになれば嬉しいです。

もっとクイズに挑戦したい!という方は、過去の問題もありますので、おさらいもかねてぜひやってみてくださいね。

▶やってみよう。「食育の日」クイズ!

 

 

〈参考〉

「リプル」127号 

※リプル」三基商事㈱が会員様向けに発行している情報誌です。

また、リプル127号に掲載されている内容は下記を出典元としています。

・知ってる?日本の食料事情2020~食料自給率・食料自給力と食料安全保障~(農林水産省)

・「食育に関する意識調査(令和3年3月)」(農林水産省)

 

 

 

 

 

カテゴリ: 食育だより,
投稿者 :食育
1 Star いいね!129
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP