2021年10月13日

やってきました、食欲の秋です!

1 Star いいね!31
Loading...

みなさん、こんにちは! 食育子です。

やってきました『食欲の秋』( 'ω')ŧ‹"ŧ‹"

食欲と秋の関係に科学的根拠は見つかっていないようですが、冬に備えるためとか、気温の低下でエネルギー消費が上がるから、日照時間が関係しているなど諸説あるみたいです。

いずれにせよ、美味しいものがいっぱいの秋なんだから、食欲が増して当然ですよね!!

今回はそんな食欲の秋に旬を迎えるきのこを使った、簡単レシピをご紹介します。

ちなみに10月15日は『きのこの日』。

つくり置きもできて、アレンジが利く万能な一品ですよ~(*´∀`)b

きのこのプルーン佃煮

■きのこのプルーン佃煮■

【材料】

・好みのきのこ    約400g(しめじで大1パック、えのきで1袋分相当です。)                                                

・(A)ミキプルーン      大さじ1

・(A)ミキエコー37       5粒

・(A)ミキ超特選減塩醤油    大さじ2

・(A)酒            大さじ1

・(A)水             30㎖

・(A)かつお節     1袋(4.55g)

国産金煎りごま     大さじ1

・七味、山椒など     お好みで

 

【つくりかた】

①きのこをほぐして鍋にいれます(大きさや長さによっては食べやすい大きさに切りましょう)。

②①にAをいれて蓋をし、蒸し煮します。沸騰したら良く混ぜ、蓋をし弱火にします。

③きのこがしんなりしたら、蓋を取って強火にし、水分をとばすように混ぜながら煮ます。

④粗熱がとれたら国産金煎りごまを混ぜます。お好みで七味や山椒を振ってどうぞ。

 

冷めたら密閉容器にいれ冷蔵庫保存し、早めに食べきりましょう。

プルーンの自然な甘みと、ミキの減塩醤油でやさしい味に仕上がりますよ。

きのこの食感が楽しめて、そのままおかずとしてはもちろん、混ぜご飯や炊き込みご飯、スープ、味噌汁にも。

さらには豆腐にのせてもマルな変幻自在な秋の常備菜です。

 

私はこんなアレンジを加えてみました!

秋といえば、新米も必須。『炊き込みご飯』です(人´ω`*)♡

さつまいもと油揚げをプラスしました。

炊き込みご飯

ところで、新米とは秋に収穫してその年の12月31日までに精米され、包装されたお米のこと。

もちもちして甘みがあって、お茶碗でキラキラと輝く新米を見ると、さらに食欲が増しちゃいますね。

お米を美味しくいただくためには保存方法も大切なんです。

ポイントは、酸化と乾燥を防ぐこと。

多くの方は、冷暗所で米びつにいれて保存しているかと思います。

もちろんそれでも大丈夫ですが、鮮度と美味しさを保つなら、密閉容器にいれて冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。

またできるだけ1ヶ月ぐらいで食べきりましょう。

 

皆さんも食欲の秋を存分に楽しんでくださいね〜(*´u`*)

カテゴリ: 食育だより,
投稿者 :食育子
1 Star いいね!31
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP