2020年1月27日

サステナブルな大豆って?

1 Star いいね!138
Loading...

こんにちは、ハカセであります!

もうすぐ「節分」ですね。

季「節」を「分」ける立春の前日です。これから春を迎えると思うと気持ちが弾みます〃(*o´∪`)o〃

古くから季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたので、魔(マ)を滅(メ)するため「豆まき」が広く行われます。

そう、この日に活躍する豆といえば、我らがヒーロー!“大豆”です(`・ω・´)キリッ

ミキにも大豆の恵みをた〜っぷりと使った「ミキプロティーン95」という栄養補助食品があります。

昨年、健康食品で初めてアメリカ大豆サステナブル認証マークがつき、話題になりました。

サステナブルとは「持続可能」を意味します。つまり「ずっと続けていける」ということです。

今、世界的に温暖化や人口増加が問題となっていますね。かけがえのない地球での生活をずっと続けていくために、私たちは人や社会、環境について今だけの快適さにとらわれず、ずーっと先の未来のことまで考えて行動し、取り組んでいかなければなりません。

ミキプロティーン95は、サステナブルな方法による栽培が行なわれているアメリカ産の大豆を使用しているのであります。

 

では、サステナブルな大豆とは、どのように地球や私たちの暮らしにやさしいと言えるのでしょう( ,,`・ ω´・)?

アメリカ大豆輸出協会によりますと、アメリカ大豆は、

約80万ヘクタールの湿地を復元しました。

  =多様な生物が住む森林や湿地を農地化しないことで、生態系を守っているのであります。

約140万ヘクタールの森林地が増加しました。

  =周囲にある森林や湿地を守ることで、農地の健康を維持し、生産性の高い農地を育成することになるのであります。

約27万5千戸超の大豆生産農家の労働環境を守っています。

  =労働者の健康と福祉に関するすべての法律に従うことで、働く人々の健康で幸せな生活を守っているのであります。

大豆生産のエネルギー使用量を約46%低減することができました。

  =GPSシステムを利用することで、広大な農地をムダなく管理するなど、省エネルギーで生産性を上げるために技術を進歩させているのであります。

 

それに、大豆はたんぱく源としても優れた食材であります!「畑の肉」とも呼ばれるほどたんぱく質が豊富な上に、そのバランスを示すアミノ酸スコアも満点の100なのです。

今年の節分は私たちのすこやかな毎日とともに、地球の健康も考えようと思います!

▶︎認証マークと地球を救う大豆の話はコチラから

投稿者:ハカセ
1 Star いいね!138
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP