2018年11月14日

ぐっすり眠ってスッキリ元気☆良いリズムをつくろう

1 Star いいね!141
Loading...

こんにちは!ハカセです。

朝晩冷え込むようになってきましたね。

布団の暖かさが気持ちよくて、ついつい寝過ごしてしまいそうに(^_^;)

人生の3分の1は眠っている、と言われているらしいですから、しょうがないっ。

suimin_1

それに、睡眠には健康に重要な役割があるんです。

身体と脳の疲労回復はもちろんのこと、記憶を整理して必要な情報を定着させる、脳の老廃物を除去する、自律神経やホルモンバランスを整える、新陳代謝を活発にするなどなど……。

眠っている間に実に様々なことが起きているのです。

 

一方で日本人は世界各国と比較すると、もっとも睡眠時間が短いという調査結果も!

東京の平均睡眠時間はおよそ5時間35分でした。

成人の平均的な睡眠時間は6~8時間で、これを満たすと高血圧や糖尿病などのリスクも低いことがわかっていますから、もう少し眠りたいところですね。

もちろん、睡眠の効果を得るためには、時間だけではなく、質も重要です。

睡眠の質に関わる大切な話はコチラでもしましたが→

今回はぐっすり眠ってスッキリ過ごすための、生活習慣に注目してみましょう!

hakaseichinichi

 

そもそも、眠くなるのは起きてから15~16時間後に眠りを誘うホルモンが放出されるから。

また、日中の食事や適度な運動、夜の入浴による体温の変化も深い睡眠に関わっています。

つまり、早起き⇒朝食⇒運動⇒軽めの夕食⇒入浴(就寝の2~3時間前に)⇒就寝という、生活リズムを整えることが理想的な睡眠に繋がるんです。

さらに、食生活にも睡眠をサポートするポイントがありますよ。

 

δ食事の時間を決めましょう!

3食規則正しく食事をすることで、1日のリズムも整いやすくなります。

δ朝ごはんには、たんぱく質をしっかり!

体温を上昇させ、夜、眠りを誘うホルモンの材料になります。

δ腸内環境を整えましょう!

腸と脳には密接な関係が。腸内環境がよくなることで、眠りにもよい影響が与えられます。

乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖は善玉菌を増やし、働きを助けてくれます。

漬物やヨーグルト、野菜、果物、海藻類、豆類、穀物、大豆、味噌などを上手に取り入れるといいですよ~。

Print

 

睡眠の大切さと質を上げるポイント、お分りいただけましたか?

まずはできるところから。

布団が恋しいこの時期に、睡眠を見直してみましょう~zzz

投稿者:ハカセ
1 Star いいね!141
Loading...
新しい記事 記事一覧へ 前の記事へ
PAGETOP